ここでは本校弓道部の紹介や最新速報などをお知らせします。

鏡心-自らの心を映す鏡-

 本校校章は2つの意味を兼ね備えています。

1つ目は校章は鏡の形を採用しており,自身の心を映す鏡となっています。

 

「静以って修身する」

 

自らの心を落ち着かせ,修学に励むことが静修の高校名の由来となっており,弓道と深い関係となっています。

克己心-自分に打ち勝つ心-

 2つ目は本校校章の下部に己の字を横に連ねている部分があります。これは自らの心に打ち勝つ克己心(こっきしん)を表しているものです。弓道は自分との勝負。的に中てることに囚われた射は長くは続かず,射の崩壊へと続きます。本校弓道部は常に自分へ挑み,そして打ち勝つ克己心という学校テーマに挑戦しています。

感謝の気持ちを忘れない心

 本校弓道部は都市の中心に位置しているため,近隣には多くの住人の方々が住んでおられ,ご協力のもと日々の活動ができております。その感謝の気持ちをボランティア活動として積極的に取り組んでいきます。冬季の練習環境の悪化は北海道にいる限りは避けられません。その時期を有効に活用するため生徒と計画・交渉・実施し,ボランティアとして近隣へ感謝を表したいと考えています。


部旗に込められた想い~一期一会~

 本校の部旗は昭和61年度の卒業生の先輩方より贈られたものになります。

その中央に記された一期一会は,

 

「弓道の技術との出会いは一期一会の如く,仲間との出会いも一期一会の如く,その出会いを噛み締め忘れることなく習得・大切に守るもの」との教えです。

 

我々弓道部は部旗と共に躍進致します!


部活動紹介

活動報告

年間スケジュール